小物は前撮りをするためには必須!

結婚式・披露宴当日は新郎新婦はやることが多すぎて、とても慌ただしく落ち着いて写真を撮る時間がなかなかないものです。そこでもっと前の時期にゆっくりと時間を設けて、納得のいく写真を撮るのが「前撮り」で、この時は、結婚式や披露宴では着ることができない婚礼衣装を着ることができます。 白無垢や色内掛を着て写真を撮る花嫁さんには小物がお勧めで、後悔の無いようにしっかりと準備する必要があります。「使用する小物がありすぎて分からない」、「時間も予算にも限りがあるので、本当に必要なものだけを知りたい」という人も多いです。そうならないために、今回は和服前撮りをする際に絶対に揃えておきたい役に立つアイテムを紹介していきますので、前撮りをする際に参考にしてみてください。

撮影時に役に立つアイテムその1

「結婚しました」とかかれたガーランドは今や定番で、海外ウエディングから人気に火がつきました。和装の時には日本語版をもち、和紙や千代紙をジャバラに折って装飾を施すととても綺麗です。赤い糸もなかなか使えるアイテムで、運命の赤い糸と呼ばれるぐらい縁起の良いものです。カラー紐とワイヤーを使い前もってハートの形やリボンの形などに作っておいたものを準備しておくと、写真を撮る時に雰囲気が出てとても良い具合になります。 また、扇子フロップスも和装の時には欠かせないアイテムで、ただ扇子を持って写真を撮るのではなく、顔を隠したりKissショットを撮ったりなど、さまざまな使い方ができるのでポーズバリエーションが増えてます。お花や水引などで装飾したり、扇子に文字を書いたりすると良いでしょう。

撮影時に役に立つアイテムその2

100円ショップなどで買うことができる紙風船は実に優秀なアイテムで、コロンと可愛くお互いにキャッチボールのように投げ合ったり、放り投げて遊んだりしてもいいし、床に転がしておけばインテリアとして使用することができます。和装ブーケも大変役に立つアイテムで、華やかな色打掛は何も持たなくても可愛いけれど、せっかくなら和装でしか持てないようなデザインや色彩のブーケだと記念になります。 また、イニシャルオブジェはウエディングドレスでの撮影でも、当日の会場の装飾アイテムとしても大活躍する万能なアイテムです。和装でも相性が良くシンプルなデザインにすれば着物が引き立ち、足元や手元にも使えるので是非とも用意しておくと良いです。他にもさまざまな小物がありますが、自分が納得するものを用意して、思い出に残る一枚を撮影してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加